はす天劇場

九州の田舎から宝塚への愛を叫ぶ

【宝塚】雪組公演「ファントム」ライブ中継感想その2

 

こんばんは!

 

12月14日13時より上映されました雪組「ファントム」宝塚大劇場千秋楽公演ライブ中継の感想を引き続き書いていきたいと思います。

 

前回はキャスト別にずらっと書きましたので、今回は気になったシーンを簡単に書いておこうと思います。

(ネタバレしてる部分もあります)

 

それではいってみよーーーーーーー!

 

ライブ中継感想その1

www.orijinal409.work

 

 こちらは劇場で見た感想です。

www.orijinal409.work

www.orijinal409.work

www.orijinal409.work

 

 

 

第1幕

この「ファントム」は映像が多用されてますね。

(私が今まで見た舞台で1番映像が使われているかも)

最初にファントムの映像を見たとき、ゲームっぽいなと思いました。

ファイナルファンタジーかよ!みたいな)

(私基本ゲームしないけど笑)

 

第1幕で気になったのは、きいちゃん演じるクリステーヌとあーさシャンドン伯爵の関係性。クリステーヌはシャンドン伯爵に全然興味ないですよね(笑)

きいちゃんとあーさの並びがしっくりこなかったせいなのか。 

クリステーヌはシャンドン伯爵の告白をまったく聞いていないように思いました。

クリステーヌがシャンドン伯爵に興味がない分、ファントムへの愛情を深く感じましたね。

(パリのメロディーでシャンドン伯爵とソレリが登場した瞬間、ハイメとユリアだ!って思った私は重症)

でも私は画面越しにクリステーヌをスカウトしたシャンドン伯爵にほんと拍手(*’ω’ノノ゙☆を送りたい。

(君には才能がある→ですよね)

(こんなところにいては時間の無駄さ→ほんっっまそれな!

((*^ー゚)bシャンドン伯爵 グッジョブ!!)

 

あとすみません!

f:id:orijinal409:20181212223700j:plain

この画像、歌のレッスンのシーンでしたね!

 

そして望海さんが歌の先生だからこそ、あのビストロのシーンに繋がる。納得です。

あと、1番腹立ったのが

カルロッタなんで薬飲ませるねん!私最後までタイターニャの歌聞きたい!

(そこ!?)

(今回唯一不完全燃焼だったこと笑)

でも指揮棒ブンブンしてる望海さんも見れたので良かったです。

 

そして、キャリエールはいつ舞台に登場したの??って混乱するくらいしれっと舞台に出てきてた。

 

2幕

2幕でツボに入ったのが

今回、ファントムの素顔を見るときのアングルがファントムの背中越しにクリステーヌの表情が見える感じだったんですね。

ファントムが仮面を外した後2秒くらいクリステーヌは笑顔だったんですよ。でもファントムがジリジリ近づくと叫んで逃げてしまうんですね。

もはやクリステーヌが恐怖に感じたのはファントムの顔の醜さではなく

望海風斗の圧

だったのではないかと思えて(笑)

ひとり笑いを堪えていました。

(いや、この日の望海さんはやたらハアハア言ってたから)

(ほんとにジリジリを近づくし)

(しかも無言)

(いったいどんな表情してたんだろう)

 

でもファントムの顔を見て逃げ出したのに、その後クリステーヌが戻らなきゃって言うのにもなんだか納得できるんですよね。

そうだよ!謝ったらきっとファントムは許してくれるよ!

みたいな。

こんな感情になる理由は2人の歌にあるのかなって思います。

ファントムがクリステーヌを好きになったのも、クリステーヌが天使の歌声を持っていたから。

クリステーヌがファントムを好きになったのも、歌を教えてくれるファントムの優しさにふれたから。

2人の歌声はなによりも説得力がありました。

 

 

次の舞台にも期待がかかる

今回のファントム、本当に凄かった。感動しました。

この後、年が明けてファントムは東京に移動しますね。

そして、3月からは新しい作品に入ります。

このファントムで雪組の皆さんがもの凄いパワーを見せてくれたので、次の作品にも期待出来ます!!

楽しみに待ちたいと思います!

 

 

 

『ファントム』 Blu-ray BOX― '04 '06 '11東京宝塚劇場公演千秋楽 ―

それでは!