はす天劇場

九州の田舎から宝塚への愛を叫ぶ

【宝塚】これは・・・ロマンチックレビューですね。「ロマンス」DVD感想。

 

こんばんは!

 

今日は3連休の最終日。

私も休みでした(3連休とは言ってない)

まったく何も予定のない休みだったのですが、なにもしてなさすぎた。

起きてご飯食べて、寝て起きてご飯食べて、寝て起きてご飯食べて←いまココ

全てを取り返そうと(無理ですが)あわてて部屋の掃除&ブログ書いてます。

 

部屋掃除のBGMに北翔さんトップ時代の星組公演「ロマンス」を再生してました。

(BGMじゃなくて普通に見てた。全然片付いてない)

みちふうコンビの退団公演。

せっかくなのでちょこっと感想書いておこうかと思います!

 

f:id:orijinal409:20181125212000j:plain 星組宝塚大劇場公演 グランステージ 『桜華に舞え』 ―SAMURAI The FINAL―/ロマンチック・レビュー 『ロマンス!!(Romance)』 [Blu-ray]

星組宝塚大劇場公演 グランステージ 『桜華に舞え』 ―SAMURAI The FINAL―/ロマンチック・レビュー 『ロマンス!!(Romance)』 [DVD]

 

ちょこちょこ見切れる、真彩希帆

きいちゃんはこの時星組ですね!

1番最初のシーンからフリフリの服着て登場します(役名はエンジェル笑)

その後も結構なシーンに登場していて、結構見つけることが出来ますね。

私の好きなきいちゃんは第10場シークレットラブですね。ブルーの衣装を着た(瀬名じゅんさん時代のHeat on Beat!のオープニングの衣装!)歌うきいちゃんを確認できます。

そして、ロマンスのきいちゃんはもちろん可愛いのですが(*≧з≦)

私的には芝居の「桜華に舞え」を見ていただきたい。きいちゃん演じる会津の姫、愛奈姫とこっちゃん演じる八木永輝の切ない物語が本当に泣けるんです・・・。

 

 

私、好きです!このレビュー。

全体的には、これぞ!ロマンチックレビューな作品といった感じ。

いや、なにがロマンチックレビューなのかっていうのはそんなにわかっていないのですが(笑)

全体的にまったりとしたテンポで進み、使われている楽曲もクラシックとか結構古いです。

オープニングからすっごくメルヘンで(笑)おそらくこのメルヘンでふわふわとした世界がロマンチックレビューなのでしょう(^o^;)

しかし私は結構好きです、「ロマンス」

このゆったりしたメルヘンな世界観が宝塚を見ている!って感じなんですよね。

もっとも好きなのはオープニングで、ふわっとしたスカートと大きな鍔の帽子を被った娘役たちが大階段にずらっと並んでたり、白地に色とりどり差し色の燕尾服だったりとこんな世界観、宝塚以外では見ることができないですよね。

ただ、他の方のブログを見たりすると結構微妙な反応もあったり(・・;)

確かにデュエットダンスがなかったりするので・・・ファンからしてみたら嫌ですよね( >Д<;)

(最後のシーンは美男美女さゆあーコンビです)

 

星組子さんについてちょこっと

→みちふうコンビは何をやらせても上手!歌も聴かせてくるし、ダンスも優雅ですね~。トップの期間が短かったのがほんと惜しいです。

→この作品を見ると、紅氏の歌の上達度がよくわかります(笑)

→あーちゃんが可愛い。

→やっぱり他とは違う礼真琴。

→ひろきお兄様がイケメン

 

この作品を宝塚を知らない人に見せて、反応がよかったらきっとその人はヅカオタの素質があるでしょうね(笑)

 

それでは!