はす天劇場

九州の田舎から宝塚への愛を叫ぶ

【宝塚】雪組「ファントム」のキャスト別感想その2

こんばんは!

 

雪組「ファントム」キャスト別感想の続きいってみたいと思います。

 

www.orijinal409.work


 

 ベラトーヴァ/レミー役 朝月希和

 →朝月さんのベラトーヴァはすっごく若い。

疑うことを知らず愛を貫いた結果、ファントム(エリック)が生まれてしまったのでしょうね。

愛した男に騙されて、気が狂い、ボロボロになってしまって・・・

若さ故に、正しい選択肢を選ぶことが出来なかったのだと思います。そして、最後まで心の奥底ではキャリエールを信じ愛し続けたのでしょう。

慈悲深い、清らかな女の子でした。

でも、幼いエリックに向ける笑顔や眼差しは愛情に満ち溢れていて、ファントム(エリック)が母の面影をずっと追い求めてしまうのも、納得でした。

 

あと、ベラトーヴァの衣装が個人的に好み(笑)

 

朝月さんはすっかり雪組の芝居に欠かせない娘役。

娘役としてはけっこう高い学年になってきたので個人的に退団が心配ではあるのですが・・・

まだまだ辞めないでね!!

 

セルジョ/若かりし頃のキャリエール役 永久輝せあ

 →セルジョ役でも比較的目立つ位置で踊ったり、歌ったりしてましたが・・・

イケメン。

としか感想出てこないので(笑)

若かりし頃キャリエールを語っておきます。

全ての元凶である、若かりし頃のキャリエール。

既婚の癖に未来ある女の子を恋人にして、子供まで作るキャリエール。子供が出来てからやっと真実を告げ、真実を知った女の子は絶望し気が狂ってしまいます。

顔に傷を負った子供が生まれると、子供の顔を見て驚き、その子供と狂った母の存在を社会から消してしまって・・・

母が死んでからも、子供のを地下に隠し続けながらも不自由ない生活をさせるのです。うーん、歪んだ愛情(笑)

世の中を知る前も知ったあとも現実から逃げ続けるキャリエール。ずっとファントム(エリック)の可愛さ半分、自分の罪を許す目的半分で愛情を注ぎ、優しい目で見守り続けたのでしょう。

でもなぜか呆れながらも嫌いになれないんですよね、キャリエールは(笑)

自分に正直だからでしょうか??ある意味清々しいです。

 

そして、ひとこちゃんが歳を取るとさきちゃんになるのは納得。足が長くてスラッとした感じがよく似てます。

 

 

その他の皆さん

ジャン・クロード(奏乃はると)

よく見てみると畜生な性格や発言をするキャラが多いファントムにおいて(笑)

最初から最後まで良い人。

クリステーヌの事もずっと気にかけていますし、今までの女の子たちにも同じように優しく対応してあげてたのでしょうね。優しくて、気配りできて面倒見が良い・・・さすが副組長!といった感じです(笑)

 

ガブリエル (梨花ますみ)

ちょこちょこセリフがあり、劇団の場面にはよく登場してます。こちらもキリッとした口調がまさに先生といった感じです。フィナーレでは陽向くんにエスコートされながら銀橋を渡っております。専科での活躍を期待しております!!

 

マダム・ドリーヌ(早花まこ)

この方も劇団の場面によく登場します。扮装、というか衣装をきた姿が

すっごく早花さんっぽくて

目につきました。早花さんなのでぽいのは当たり前ですが(笑)

とにかく早花さんっぽかったのです。

 

リシャール(煌羽レオ)

団員の中では比較的目立つ役ですね(カルメンのシーンだったり、オーベロン様の役だったり)キリッとしたお顔がいつも素敵です。

 

ラシュナル(綾凰華)

やっと舞台上で楽に見つけることが出来るようになりました。が・・・本編では

正直あまり出番がなく残念。でもフィナーレの群舞では存在感あって嬉しい限りです。お顔もどんどんスマートになっていって今後が楽しみですな~。

 

ソレリ(彩みちる)

娘役では比較的目立つ役。みちるちゃんのセリフは明瞭で本当に聞きやすい。演技力あるんだな~といつも感心させられます。

 

ジョセフ・ブケー(天月翼)

めっちゃヘタレで笑いました。なんでカルロッタは最初にこの人を地下に行かせたのだろう(笑)

 

ルドウ警部(真那春人)

真面目な警部さん。ファントムを捕らえようと熱心に仕事に励む彼を見つめるキャリエールの表情は悲しげです。そんなキャリエールを彼は見てみぬフリをしているのでしょうね。最後、ファントム(エリック)とキャリエールのやり取りを見て何かを感じとり気を回してくれる優しい警部さんです。

 

従者の皆さん

娘役2人の学年が上だからか、よく目立つしリーダーシップをとって他のメンツを率いてますね。けっこう珍しいと思います。全員ダンス力高いので1回じゃ見きれない!目が2つじゃ足りません。

 

 

ホントに雪組「ファントム」を観ることが出来て、幸せです!